毎日俳壇 | 2013年11月25日

毎日俳壇 小川軽舟先生・選

——— 2013年11月25日より抄出

恐竜の夢のゆふぐれ芒原 吉竹純

焼魚定食日和白木槿 鈴木幸絵

ゆく秋や眼鏡ことりと木の机 鈴木良二

大汐の河遡る良夜かな 杉森日出夫

床本に太夫の手擦れ近松忌 大森敏光


——— 毎日俳壇 小川軽舟先生・選 2013年11月25日

恐竜の夢のゆふぐれ芒原〔すすきはら〕 東京 吉竹純
【軽舟先生評】夕暮れの広い芒原をひとりゆく。絶滅前に恐竜が見た夢の中もこんな寂しさだったろうか。

焼魚定食日和白木槿 名古屋市 鈴木幸絵
【軽舟先生評】午前中の勤務を終え昼食をとりに外へ出る。こう呼びたくなる日和に白木槿がよく似合う。

無住寺に狐棲みつく神の留守 愛西市 坂元二男
ゆく秋や眼鏡ことりと木の机 上尾市 鈴木良二
大汐の河遡る良夜かな 市川市 杉森日出夫
月の宿ともしび明う迎へらる 国分寺市 越前春生
七十の恋は岡惚れ秋うらら 神戸市 中野道雄
色鳥や揉洗ひして化粧パフ 松本市 太田明美
初時雨店主早めの灯を点す 調布市 佐藤悠紀子
受付のガラスコップに秋桜 糸島市 村上明
床本に太夫の手擦れ近松忌 芦屋市 大森敏光
バーテンがグラス拭きをる居待月 調布市 田中泰彦


衒叟 / 4sun.jp