毎日俳壇 | 2013年12月02日

毎日俳壇 小川軽舟先生・選

——— 2013年12月02日より抄出

右に富士左に筑波草紅葉 滝秀子

身にしむや訃報に乗りし夜のバス 田中正和

まつり笛太白仰ぎ帰りけり 若本輝子

高窓に秋のひかりや朝の弥撒 太田明美

校長室本棚ひとつ榠樝の実 植松徳延


——— 毎日俳壇 小川軽舟先生・選 2013年12月02日

右に富士左に筑波草紅葉 日高市 滝秀子
【軽舟先生評】これぞ関東平野の大景。澄んだ空気に二つの名山がはっきり見える。草紅葉の広がりがよい。

身にしむや訃報に乗りし夜のバス 長崎市 田中正和
【軽舟先生評】訃報を聞いてすぐに夜行バスに飛び乗った。親しい仲だったのだろう。季語に実感がこもる。

まつり笛太白仰ぎ帰りけり 大津市 若本輝子
コスモスのしとどに雨の日比谷かな 東京 永島忠
新藁を刻み仔牛の飼葉桶 町田市 枝沢聖文
金柑や藁屋に聞こえ嬰の声 明石市 岩田英二
高窓に秋のひかりや朝の弥撒 松本市 太田明美
鯊釣りの夫につきあふ日和かな 入間市 松井史子
再婚のほどほどの仲栗御飯 京都市 小川舟治
校長室本棚ひとつ榠樝の実 四條畷市 植松徳延
独り身の息子は初老秋あかね 一宮市 渡辺邦晴
天高し妻まるまるとリバウンド 名古屋市 可知豊親


衒叟 / 4sun.jp