俳誌「鷹」590号 | 日光集

俳句雑誌「鷹」2013年10月590号

——— 日光集より抄出

流れつぐ星の棲みつくカルデラ湖 布施伊夜子「カルデラ湖」

蜜豆や帰宅急がぬ少女たち

蝉しぐれ頭蓋骨には頭痛なし 細谷ふみを「量」

病人に昼寝の時間雲の峰

大橋の緩きカーブや沖膾 山本良明「沖膾」

八朔や火加減のなき炊飯器

原爆忌真白き皿の沈みあり 奥坂まや「振子」

八月や鶏を絞めむと軍手嵌む


衒叟 / 4sun.jp