毎日俳壇 | 2013年12月08日

毎日俳壇 小川軽舟先生・選

——— 2013年12月08日より抄出

校庭に松葉焚きをり白秋忌 中岡草人

病棟を死に神歩く寒暮かな 牧田春雄

蘆刈の鎌のきらめく湖北かな 三村まさる

霜月の朝の薬を呑みにけり 嶋田由紀夫

水脈曳いて渡船往き交ふ小春かな 伏谷勝博


——— 毎日俳壇 小川軽舟先生・選 2013年12月08日

校庭に松葉焚きをり白秋忌 大阪市 中岡草人
【軽舟先生評】北原白秋の忌日は十一月二日。冬の近づく学校の静かな情景に白秋の作品世界が重なる。

病棟を死に神歩く寒暮かな 静岡市 牧田春雄
【軽舟先生評】静まりかえった病棟。死に神に向き合うことは自分自身に向き合うことでもあるのだろう。

邯鄲や即かず離れず老夫婦 東京 沢田倭平
小春日や佃の路地に写生会 つくば市 村越陽一
蘆刈の鎌のきらめく湖北かな 東大阪市 三村まさる
履物をきちんと揃へ菊日和 横浜市 畠山洋二
夜の雨に黄葉しるきポプラかな 入間市 松井史子
熊捌く手順に見入るマタギの子 名古屋市 可知豊親
霜月の朝の薬を呑みにけり 秋田市 嶋田由紀夫
水脈曳いて渡船往き交ふ小春かな 河内長野市 伏谷勝博
ヘリコプター長蔵小屋の冬仕度 西東京市 橋本温実
単線の車窓に続く曼珠沙華 石岡市 野口明子


衒叟 / 4sun.jp