毎日俳壇 | 2014年02月03日

毎日俳壇 小川軽舟先生・選

——— 2014年02月03日より抄出

どの家も灯り惜しまず大晦日 関根邦洋

寒に入る琅玕なせる濠の面 三浦啓作

寒禽や地にやはらかき槻の影 枝沢聖文

昏れなづむ甲斐駒雪をあらたにす 針ケ谷里三

しぐれ去る車窓まもなく降車駅 木村史子


——— 毎日俳壇 小川軽舟先生・選 2014年02月03日

どの家も灯り惜しまず大晦日 須賀川市 関根邦洋
【軽舟先生評】年の夜の深い闇と家々の灯の豊かさ。東日本大震災の被災地と知ればなおさらありがたい。

寒に入る琅玕〔ろうかん〕なせる濠の面〔おも〕 福岡市 三浦啓作
【軽舟先生評】琅玕とは竹や硬玉の深い緑。寒に入り静まり返った水面を見つめる作者の心持ちも伝わる。

青空に源流ひびく若菜摘 大阪市 中岡草人
寒禽や地にやはらかき槻の影 町田市 枝沢聖文
古井戸に柊の花こぼれけり 長野市 内山太郎
みどり子の寝足りし顔や白障子 大分市 猪原アヤ子
大利根を船下りゆく冬の雨 さいたま市 佐々木力
昏れなづむ甲斐駒雪をあらたにす 西東京市 針ケ谷里三
餅を買ひ買物籠の傾きぬ 可児市 金子嘉幸
しぐれ去る車窓まもなく降車駅 東京 木村史子
デッサンに鉛筆十本煖炉燃ゆ 亀山市 松本美江子
数へ日や丸めて絞る歯磨粉 京都市 植村容治


衒叟 / 4sun.jp