俳誌「鷹」591号 | 同人自句紹介

俳句雑誌「鷹」2013年11月591号

——— 同人自句紹介より抄出

擦り切れし栞の紐や源義忌 明石 久保いさを

十万年狂はぬ時計万愚節

ことばまだ闇の中なり雪降れり 日野 坂巻恭子

巻貝を耳にあつるや致命祭

——— 鷹回顧展 平成02年01月号より抄出

熊穴に入る飛騨びとの食旺ん 藤田湘子

小舟にて入江出でたし秋の暮 布施伊夜子

労働者たりて信ずる風邪薬 下関 小林進

頬つけて机爽やか頬爽やか 川崎 市川千晶


衒叟 / 4sun.jp