毎日俳壇 | 2014年04月13日

毎日俳壇 小川軽舟先生・選

——— 2014年04月13日より抄出

転勤の荷は海わたる四月かな 十河三和子

閉店の貼紙剥がす春の風 中原徹

卒塔婆に鵯留まる余寒かな 田中泰彦

筋差すところ緑や水の春 望月清彦

料亭の松高ければ鴉の巣 首藤勝二


——— 毎日俳壇 小川軽舟先生・選 2014年04月13日

転勤の荷は海わたる四月かな 宮崎市 十河三和子
【軽舟先生評】転勤する子の引越を手伝ったか。グローバル経済の時代をたくましく生きてほしいと願う。
閉店の貼紙剥がす春の風 北九州市 中原徹
【軽舟先生評】どこの地方都市にもあるシャッター街。それでもこの店は幸い次の店の目処がついたらしい。
卒塔婆に鵯留まる余寒かな 調布市 田中泰彦
日筋差すところ緑や水の春 東京 望月清彦
冴返るガードレールに絶えぬ花 京都市 植村容治
春潮やマングローブの森の奥 千葉市 新原藍
料亭の松高ければ鴉の巣 大分市 首藤勝二
これはこの辺りの者と初蝶来 福岡市 林曻
退職者見送る門に燕来る 東京 種谷良二
如月や山の祠に小銭散り 桐生市 小島しげる
心中のありし左京区春の雪 浜松市 宮田久常
海を見る少年一人鳥雲に 東京 松岡正治

衒叟 / 4sun.jp