毎日俳壇 | 2014年06月08日

毎日俳壇 小川軽舟先生・選

——— 2014年06月08日より抄出

憲法記念日樹影に靴を磨きけり 三浦啓作

染付の山水に汲む新茶かな 佐藤悠紀子

少年に少女気高し姫女苑 金子嘉幸

高楼の春を惜しむや遠眼鏡 金田智行

子雀に雨後の明るき日暮かな 守屋まち


——— 毎日俳壇 小川軽舟先生・選 2014年06月08日

憲法記念日樹影に靴を磨きけり 福岡市 三浦啓作
【軽舟先生評】休日に玄関先で自分の靴を磨く。「樹影に」とした清々しさが平和への思いを感じさせる。
染付の山水に汲む新茶かな 調布市 佐藤悠紀子
【軽舟先生評】呉須の藍一色で湯呑に描かれた山水。新茶を注ぐと家のまわりの新緑が映り込んだようだ。
すれ違ふ日傘と日傘立ち止まる さいたま市 大石大
豆飯や貸農園の日曜日 吹田市 葉山芳一
少年に少女気高し姫女苑 可児市 金子嘉幸
空家には空家の空気夏の草 坂戸市 浅野安司
花冷やまづ熱々のもつ煮込み 東京 種谷良二
藤棚を抜けきし風のなまぐさし 銚子市 久保正司
高楼の春を惜しむや遠眼鏡 岡崎市 金田智行
早苗饗の継ぎ当てしたる幟かな 久慈市 和城弘志
子雀に雨後の明るき日暮かな 小田原市 守屋まち
野良犬に潮騒絶えぬ薄暑哉 下妻市 神谷たくみ

衒叟 / 4sun.jp