俳誌「鷹」595号 | 日光集

俳句雑誌「鷹」2014年03月595号

——— 日光集より抄出

寒卵置くや分母は線の下 細谷ふみを「右手」

元日や急須に注ぐ薬缶の湯

手袋の右は右手に町を去る

木枯や擱かねば続くノートの罫

海原は覇者のしづけさ寒夕焼 奥坂まや「覇者」

卵割るやうに今年となりにけり

初空やいつ昇りたる海の鳶 布施伊夜子「ユニクロ」

ありあはす物とて豊か小正月


衒叟 / 4sun.jp