毎日俳壇 | 2014年09月08日

毎日俳壇 小川軽舟先生・選

——— 2014年09月08日より抄出

日に二便通ふバス待つ日傘かな 寺内和光

草笛や日に三本の路線バス 種谷良二

海境の夕日に母艦風死せり 安田勝洋

豆腐屋の布巾は真白秋立ちぬ 渡辺邦晴

梅雨明や爪切り心軽くせり 浅川青磁


——— 毎日俳壇 小川軽舟先生・選 2014年09月08日

日に二便通ふバス待つ日傘かな 館林市 寺内和光
【軽舟先生評】どうしてもそのバスに乗って行かなければならない用事がある。日傘に意志が感じられる。
草笛や日に三本の路線バス 東京 種谷良二
【軽舟先生評】急ぐ用事もないからのんびり行こう。季語の違いで前の句とこんなにも雰囲気が変わる。
朝刊のなき日は長し立葵 東京 喜納とし子
海境の夕日に母艦風死せり 三浦市 安田勝洋
風鈴や女性誌並ぶ貸本屋 横浜市 村上玲子
豆腐屋の布巾は真白秋立ちぬ 一宮市 渡辺邦晴
炎天のまつすぐな道ふりかへる 坂戸市 戸田九作
蝉時雨カーテンコール浴びるかに 周南市 藤井香子
夏草の戦ぐ更地や未だ売れず 調布市 田中泰彦
拝殿を風吹き抜くる涼しさよ みやま市 紙田幻草
梅雨明や爪切り心軽くせり 山梨市 浅川青磁
炎天や渡る人なき歩道橋 東京 石川昇

衒叟 / 4sun.jp