自 乙未獺祭忌 至 丙申獺祭忌

自 乙未獺祭忌 至 丙申獺祭忌

366 : 2016/09/17 ましろなる黄禍を説くや旱星
365 : 2016/09/16 ふみきりの遅るるをとや秋日影
364 : 2016/09/15 嘶えける神馬の割きし二つ星
363 : 2016/09/14 啄木鳥はコロラトゥーラの歌聲ぞ
362 : 2016/09/13 ザラストロ殺せと叫く番匠鳥
361 : 2016/09/12 啄木鳥や夜の女王のニ短調
360 : 2016/09/11 三宝にあふぎを載する稟議かな
359 : 2016/09/10 夏の夜やイヴはアダムの浮遊肋
358 : 2016/09/09 行末に垂る読点や夏ともし
357 : 2016/09/08 懶かる瑞山ありぬ誘蛾灯
356 : 2016/09/07 稟議書の額づく判や日の盛
355 : 2016/09/06 萬機巨細関り白す鵙の贄
354 : 2016/09/05 三条に大橋ありぬ鵙の贄
353 : 2016/09/04 宵涼し通帳を繰る匣のおと
352 : 2016/09/03 少年の欹つ耳や夏つばめ
351 : 2016/09/02 畦道の腐草蛍となる夜かな
350 : 2016/09/01 ゆく夏やちりひぢ泛ぶいさら川

349 : 2016/08/31 しほあぢの麺麭をぐにりと嚼む晩夏
348 : 2016/08/30 流眄す汀に靴や日焼岩
347 : 2016/08/29 短かる煙突ありぬ日の盛
346 : 2016/08/28 露涼しちひさき街をみ霽かす
345 : 2016/08/27 新涼や応接室の鳩時計
344 : 2016/08/26 ゆき届く声援なるぞ涼新た
343 : 2016/08/25 新涼や午前七時の摩天楼
342 : 2016/08/24 さみだるる連山の朝しづもりぬ
341 : 2016/08/23 五月雨やわざをぎ嬥歌ふ宿の宵
340 : 2016/08/22 暁闇の影やはらかやさみだるる
339 : 2016/08/21 からつぽの珈琲すする青あらし
338 : 2016/08/20 星涼しひきつくろへる君の息
337 : 2016/08/19 ひらくとも閉づる幕府や遠花火
336 : 2016/08/18 光彩に墨色ありぬ遠花火
335 : 2016/08/17 星辰の震ふ真黒や揚花火
334 : 2016/08/16 夏濤や壜の濡つるコカ・コーラ
333 : 2016/08/15 そがひより君抱かふや夏ともし
332 : 2016/08/14 錆びてゐる鉄棒ありぬ百日紅
331 : 2016/08/13 夏星の降り頻かまほし帰りみち
330 : 2016/08/12 貝寄風や鴟尾の跳ねたる仁王門
329 : 2016/08/11 踏切は於上不葺なり夏木立
328 : 2016/08/10 艶げなる亡骸ありぬ水菖蒲
327 : 2016/08/09 大帝の青銅なりぬ墜栗花雨
326 : 2016/08/08 恥ぢらはぬ哯吐を見ゆる金魚かな
325 : 2016/08/07 貝寄風や七星剣を振るひたる
324 : 2016/08/06 バンカーの据うるレーキやねぢればな
323 : 2016/08/05 あぢさゐや戯ゆるこゑは疼らかじ
322 : 2016/08/04 のいふさる筏の凹し夏の霜
321 : 2016/08/03 夏雲やくびすぢ濡るる波枕
320 : 2016/08/02 滄溟に眇々と浪秋つばめ
319 : 2016/08/01 道化師の青き泪や街晩夏

318 : 2016/07/31 滄溟に眇たる浪や雲の峰
317 : 2016/07/30 道化師の泪の痕や晩夏光
316 : 2016/07/29 一炊の魔法の解くる跣かな
315 : 2016/07/28 戀の字をしたたむる手は幽霊か
314 : 2016/07/27 大陸を洗ひ流すや夕立雲
313 : 2016/07/26 ひたすらにひとしづくなる白雨かな
312 : 2016/07/25 ゆふだちや連山の背を洗ひをり
311 : 2016/07/24 星海の浪なき波を泳ぐなり
310 : 2016/07/23 泳ぎ出て空と水面の雑じりあひ
309 : 2016/07/22 飛び込みて海底に遭ふともかづき
308 : 2016/07/21 冷麦や漣の香の触れたしよ
307 : 2016/07/20 冷麦や浪ひとすぢの消えゆかじ
306 : 2016/07/19 冷麦や櫂より垂るる波の跡
305 : 2016/07/18 冷麦や河のぼりたる小舟あり
304 : 2016/07/17 びいだまのうつさぬ息やこほりみづ
303 : 2016/07/16 てのひらの享くるしづけさ緑さす
302 : 2016/07/15 小満やひきつくろへる君の息
301 : 2016/07/14 からつぽの珈琲すする聖五月
300 : 2016/07/13 涼風やおほぞらを取る君を撮る
299 : 2016/07/12 はつなつの瞳をそらすあふせかな
298 : 2016/07/11 炎帝や正義の如きカツカレー
297 : 2016/07/10 風光り女生徒の待つ歩廊かな
296 : 2016/07/09 ふみきりの遅るるをとや春の昼
295 : 2016/07/08 嘶えける神馬の割きし朧月
294 : 2016/07/07 ひるがへす紙飛行機や風光る
293 : 2016/07/06 蘖や射ち棄てらるる馬防柵
292 : 2016/07/05 泯びたるヤーガンの地や初袷
291 : 2016/07/04 満家の抓む御籤や青仁王
290 : 2016/07/03 丸茄子の腹を磨きて金閣寺
289 : 2016/07/02 君往ぬる歩廊の長し夏帽子
288 : 2016/07/01 しづかなる揚屋の夜や虎が雨

287 : 2016/06/30 夏水や赤井赤子の細き脚
286 : 2016/06/29 赤子てふいのちのをはる金魚かな
285 : 2016/06/28 少年の欹つ耳や雨蛙
284 : 2016/06/27 探検は初恋なりて木下闇
283 : 2016/06/26 ゴキブリにサラマンドルの上火かな
282 : 2016/06/25 ゴキブリの喰ひ散らしたるデブリかな
281 : 2016/06/24 ごきぶりや使徒のをろがむ福音書
280 : 2016/06/23 薫風や枕木を踏む君の影
279 : 2016/06/22 夏近し通帳を繰る匣のおと
278 : 2016/06/21 剃り了ふる無精の余暇や春の果
277 : 2016/06/20 ましろかる腿を見るまじ羅よ
276 : 2016/06/19 うすものよ光くづるるゆふ惑ひ
275 : 2016/06/18 羅や艶げなる腿あらはなり
274 : 2016/06/17 夏暁や天の余白の水平線
273 : 2016/06/16 合歓の花あえかなる葉の閉ぢにけり
272 : 2016/06/15 初夏よ天の余白をみ霽かす
271 : 2016/06/14 南風吹けりあえかなる夜の零れをり
270 : 2016/06/13 君往ぬる歩廊の長し夏帽子
269 : 2016/06/12 蜻蛉生れ三億年を剥きにけり
268 : 2016/06/11 透く翅の光背めきて蜻蛉生る
267 : 2016/06/10 紫雲より生るる蜻蛉の薄き翅
266 : 2016/06/09 義父並ぶる花札厚し春ふかし
265 : 2016/06/08 鳥風や次男嗣ぎたる散髪屋
264 : 2016/06/07 春闌くやセルクル抜きし目玉焼
263 : 2016/06/06 篠懸の花や補助輪はづすらむ
262 : 2016/06/05 王朝の黴ぶる軍靴や三色旗
261 : 2016/06/04 人類の錆びそむるこゑ冬銀河
260 : 2016/06/03 濡れてゐる籠置石や冴返る
259 : 2016/06/02 狛犬の舐めたる飴や春の宵
258 : 2016/06/01 嫋やかなる新婦のこゑや花蜜柑

257 : 2016/05/31 嫁する子の簪挿すや花蜜柑
256 : 2016/05/30 ゴーギャンの女うつぶく花蜜柑
255 : 2016/05/29 留山の鎮まる里や花蜜柑
254 : 2016/05/28 春宵や片鎌槍の螺鈿の柄
253 : 2016/05/27 靡かるる弦巻紋や四月尽
252 : 2016/05/26 夏に入る赤信号に眉ありて
251 : 2016/05/25 薫風や枕木を踏む君の影
250 : 2016/05/24 拭はるる腰掛石や桜守
249 : 2016/05/23 陵の伐らるる杜や花曇
248 : 2016/05/22 麦秋や王墓なりける広場の樹
247 : 2016/05/21 ふらここや嘗て日孁の空を蹴り
246 : 2016/05/20 春愁や餡麺麭わればあはひあり
245 : 2016/05/19 ふらここや嘗て女神の空を蹴ゆ
244 : 2016/05/18 春昼や餡麺麭わりてあはひあり
243 : 2016/05/17 芝浦のバナメイエビや鮨くらふ
242 : 2016/05/16 花冷や姓を見せ消つ町役場
241 : 2016/05/15 横文字の多き辞令や万愚節
240 : 2016/05/14 薫風や枕木を踏む君の影
239 : 2016/05/13 たつぷりの春を挟むる仏蘭西麺麭
238 : 2016/05/12 忘らるる無住の島に余花の雨
237 : 2016/05/11 旅先の狭き揚屋や菜種梅雨
236 : 2016/05/10 俎に微塵と散りて菜種梅雨
235 : 2016/05/09 やはらかき恋や名もなき菜種梅雨
234 : 2016/05/08 千切られぬ仏蘭西麺麭や菜種梅雨
233 : 2016/05/07 御降や購ひて読まぬ座右の書
232 : 2016/05/06 一天にこゑ澄みわたる初日かな
231 : 2016/05/05 彎き絞るましろき早矢や初日影
230 : 2016/05/04 しりとりの続かぬ卓や三ヶ日
229 : 2016/05/03 数へ日や棄てかねてゐる座右の書
228 : 2016/05/02 弔電のひろき余白や冬ぬくし
227 : 2016/05/01 春灯や破風の揺るがぬ宇土櫓

226 : 2016/04/30 清正の駆けし虎口や鳥曇
225 : 2016/04/29 つちふるや壁の剥げたる支那蕎麦屋
224 : 2016/04/28 伐られたる花守の手の哲学書
223 : 2016/04/27 御空より零るる路や花筏
222 : 2016/04/26 逃水や忘られぬ名の宝島
221 : 2016/04/25 春宵や噛みしめてゐる涙巻
220 : 2016/04/24 花冷や指に重たき涙巻
219 : 2016/04/23 うらゝかや牛の踏まふる潦
218 : 2016/04/22 うらゝかや沓の踏まふる潦
217 : 2016/04/21 かげろふや徒歩七分の父の家
216 : 2016/04/20 射干玉の海胆を剥ぎたる哲学者
215 : 2016/04/19 万学と王を率ふ海胆の口
214 : 2016/04/18 海胆を剥ぎ王を率ふ哲学者
213 : 2016/04/17 大王の剥ぎたる海胆の黒さかな
212 : 2016/04/16 日短や母の打ち遣る庭箒
211 : 2016/04/15 剥かれたる莢のにほひや春灯
210 : 2016/04/14 三叉路の岐るる先の子猫かな
209 : 2016/04/13 貝寄風や穢土よりくぐる石鳥居
208 : 2016/04/12 貝寄風やひちりき響む六時堂
207 : 2016/04/11 かげろふや徒歩七分の父の家
206 : 2016/04/10 掠れたる万年筆に春灯
205 : 2016/04/09 たつぷりの春を挟むる仏蘭西麺麭
204 : 2016/04/08 たつぷりの春日はさむる仏蘭西麺麭
203 : 2016/04/07 おほぞらに翅を忘るる蛙かな
202 : 2016/04/06 通り井を踏まふる靴や春の風
201 : 2016/04/05 家茂の起きゐる堂や春の雨
200 : 2016/04/04 家茂の寝ぬる伽藍や春の星
199 : 2016/04/03 春塵や白檀をきく愚禿像
198 : 2016/04/02 惜春やおほきらかなる愚禿像
197 : 2016/04/01 永き日や白檀かをる大伽藍

196 : 2016/03/31 寺町を統ぶる伽藍や春怒涛
195 : 2016/03/30 並びたる牛乳瓶や花曇
194 : 2016/03/29 つちふるや壁の剥げたる支那蕎麦屋
193 : 2016/03/28 蛤や碧き四海と住まふ龍
192 : 2016/03/27 蛤の破りて世界を写しけり
191 : 2016/03/26 てつぺんを拭ふをんなや春深し
190 : 2016/03/25 春昼や旗のたなびく並木道
189 : 2016/03/24 八間に広かる道や春入日
188 : 2016/03/23 八間のゆほびかなるや春の風
187 : 2016/03/22 桜湯や解任されし監査役
186 : 2016/03/21 孫の産す大統領や馬鈴薯植う
185 : 2016/03/20 忌地めく七連勤や馬鈴薯植う
184 : 2016/03/19 糅物を啜る藩主や馬鈴薯植う
183 : 2016/03/18 アルマダと沈む悪魔や馬鈴薯植う
182 : 2016/03/17 花冷や椅子折れてゐる哲学科
181 : 2016/03/16 永き日や天元に鳴る黒き石
180 : 2016/03/15 春めくや半歩退りて丁寧語
179 : 2016/03/14 重陽や禁中を駆るインテグラ
178 : 2016/03/13 糸遊や椅子の折れたる哲学科
177 : 2016/03/12 永き日や天元に打つ太閤碁
176 : 2016/03/11 春めくや半歩下がりて丁寧語
175 : 2016/03/10 おほぞらに翅を忘るる蛙かな
174 : 2016/03/09 雉啼くや躬の顔忘る御庭番
173 : 2016/03/08 冬帝に仕ふる馬の嘶えけり
172 : 2016/03/07 おほぞらの雪を嘶ゆる神馬かな
171 : 2016/03/06 寒暁の空を嘶ゆる神馬かな
170 : 2016/03/05 首塚の傍に枯るる供花かな
169 : 2016/03/04 首塚の枯れたる供花や道の角
168 : 2016/03/03 神馬の嘶ゆるこゑや寒日和
167 : 2016/03/02 首塚の供花枯るるや冬日向
166 : 2016/03/01 狛犬の折れたる足や冴返る

165 : 2016/02/29 未だ此処になき会遇や春めける
164 : 2016/02/28 絡げらる内定式や種選
163 : 2016/02/27 先輩のすこしき教ふ蕗の薹
162 : 2016/02/26 風船や指輪を換ふる薬指
161 : 2016/02/25 枯竹の折れたる路や春の泥
160 : 2016/02/24 さんざめく竹林の葉や春の色
159 : 2016/02/23 竹林の軋る響みや春寒
158 : 2016/02/22 女生徒のおさふる髪や風光る
157 : 2016/02/21 粛々と降す査定や風車
156 : 2016/02/20 吾で遣りぬほうが早かる野焼かな
155 : 2016/02/19 一里塚沈みし河や雲雀東風
154 : 2016/02/18 砲弾の爆ずる響みや水温む
153 : 2016/02/17 狛犬の折られし足や冴返る
152 : 2016/02/16 天領の明らかなりや山笑ふ
151 : 2016/02/15 後れにし後円墳や春の風
150 : 2016/02/14 かわらずの松凭るるや寒の明
149 : 2016/02/13 重石の持ち上がらぬや風光る
148 : 2016/02/12 旧道の岐るる先や春浅し
147 : 2016/02/11 決算の端を揃ふ椿かな
146 : 2016/02/10 伊予柑やがはと出でたる教習車
145 : 2016/02/09 神馬の嘶ゆるこゑや寒日和
144 : 2016/02/08 切株の頂統ぶや冬の空
143 : 2016/02/07 廃校の尊徳像や日脚伸ぶ
142 : 2016/02/06 飛石の妻みかへるや春近し
141 : 2016/02/05 押印を待つ駅前や冬日和
140 : 2016/02/04 走れども乗れぬ電車や山眠る
139 : 2016/02/03 引き出づる賽銭箱や冬ぬくし
138 : 2016/02/02 たつぷりの振舞酒や冬の空
137 : 2016/02/01 首塚の供花枯るるや冬日向

136 : 2016/01/31 滑り台のぼり駆くるや草城忌
135 : 2016/01/30 山城の跡の社や寒の水
134 : 2016/01/29 御破算で願う行方や初景色
133 : 2016/01/28 ヤーガンの脱ぎたる服や鎌鼬
132 : 2016/01/27 絵双六三親等を統べにけり
131 : 2016/01/26 一天の息に触れたる御慶かな
130 : 2016/01/25 御降や挫折の多き立志伝
129 : 2016/01/24 寰内の二分呉るるや神の留守
128 : 2016/01/23 一半の四海呉るるや神の留守
127 : 2016/01/22 仕舞はれぬユーフォニアムや冬銀河
126 : 2016/01/21 青鶏を挟む赤字や黄落期
125 : 2016/01/20 貌を剥く十二の数や雪女郎
124 : 2016/01/19 住まふ地に届かぬ税や隙間風
123 : 2016/01/18 ぬばたまの寡髪を刈るや冬ざるる
122 : 2016/01/17 教科書を閉づる自習や日脚伸ぶ
121 : 2016/01/16 数へ日や酔ひて踏み締むにはたずみ
120 : 2016/01/15 さりとても世界遺産や山眠る
119 : 2016/01/14 短日や小径に坐するにはたずみ
118 : 2016/01/13 数へ日や字画の多き顛末書
117 : 2016/01/12 凍雲や吾子脱ぎ棄つる鉄仮面
116 : 2016/01/11 ねぶれども伍拾弐円や初雀
115 : 2016/01/10 午前のみ兌換紙幣の賀状かな
114 : 2016/01/09 御破算で願う行方や初景色
113 : 2016/01/08 割らずとも個包装たる淑気かな
112 : 2016/01/07 正論と世相むかふる三ヶ日
111 : 2016/01/06 妬みても喰ひたき飯や嫁が君
110 : 2016/01/05 脳髄の焦がるる朝や松の内
109 : 2016/01/04 動脈を流るる漿や去年今年
108 : 2016/01/03 満ちみちて拡ぐる指や初湯殿
107 : 2016/01/02 ゲネラルパウゼたる須臾や去年今年
106 : 2016/01/01 海山に降る彩や大旦

105 : 2015/12/31 ひらけても閉づる幕府や煤払
104 : 2015/12/30 銀輪をはづす軒端や小晦日
103 : 2015/12/29 仕事終へ手に一輪やクリスマス
102 : 2015/12/28 絵双六三親等を統べにけり
101 : 2015/12/27 一天の吐息にふるる御慶かな
100 : 2015/12/26 御降や勁きをとこの立志伝
099 : 2015/12/25 冬晴や銀貨を弾く静電気
098 : 2015/12/24 数へ日や字画の多き顛末書
097 : 2015/12/23 短日や小径に坐するにはたずみ
096 : 2015/12/22 凍雲や薄墨を掻く観覧車
095 : 2015/12/21 冬帝や火輪を啜る超兵器
094 : 2015/12/20 凍雲や吾子脱ぎ棄つる鉄仮面
093 : 2015/12/19 数へ日や酔ひて踏み締むにはたずみ
092 : 2015/12/18 冬麗や甘味を馳する艦
091 : 2015/12/17 待春や羊羹輸する艦
090 : 2015/12/16 数へ日やゆりてたふるる地球独楽
089 : 2015/12/15 亀鳴くやゆりてたふるる地球独楽
088 : 2015/12/14 不知火や土産も焼ぶる難破船
087 : 2015/12/13 空蝉や釣瓶の底のともかづき
086 : 2015/12/12 かなかなや礑と黙する太閤碁
085 : 2015/12/11 外套や字画の多き顛末書
084 : 2015/12/10 寄鍋や華燭の小さき千日目
083 : 2015/12/09 寒暁や釁端ひらく詔
082 : 2015/12/08 春昼や踵の跨ぐ潦
081 : 2015/12/07 寒禽や踵を返す阿会喃
080 : 2015/12/06 遠雷やみらいの霽るる原子力
079 : 2015/12/05 身に入むや路につくばふ女学生
078 : 2015/12/04 田楽や大局を観ゆ金矢倉
077 : 2015/12/03 炎天や翅より軽き蜻蛉斬
076 : 2015/12/02 朝寒や足音過るビルの街
075 : 2015/12/01 短日や母のうち遣る庭箒

074 : 2015/11/30 萬緑や大空に立つ天守閣
073 : 2015/11/29 凍空や頬笑おおふ三色旗
072 : 2015/11/28 風花や擘の掩ふ三色旗
071 : 2015/11/27 凍空や隣る皃掩ふ三色旗
070 : 2015/11/26 鋤焼や洋靴踏み締む内務卿
069 : 2015/11/25 冬帝や洋靴踏み締む内務卿
068 : 2015/11/24 狐火や洋靴踏み締む内務卿
067 : 2015/11/23 冬晴や匣を壅ぐ丸き蓋
066 : 2015/11/22 手焙や匣を壅ぐ丸き蓋
065 : 2015/11/21 裸木や権道を征く副社長
064 : 2015/11/20 埋火や権道を征く副社長
063 : 2015/11/19 鯛焼や椅子の折れたる哲学科
062 : 2015/11/18 侘助や椅子の折れたる哲学科
061 : 2015/11/17 冬晴や哭きたくなりて涙巻
060 : 2015/11/16 初霜や哭きたくなりて涙巻
059 : 2015/11/15 寒柝や筆先を呵す犯科帳
058 : 2015/11/14 鐘冴ゆや筆先を呵す犯科帳
057 : 2015/11/13 煮凝や寝れども覚めぬ白昼夢
056 : 2015/11/12 朝寒や跫音の過る摩天楼
055 : 2015/11/11 日短や妣の打ち遣る庭箒
054 : 2015/11/10 萬緑や蒼穹と彳つ天守閣
053 : 2015/11/09 風花や終の旨を尋くアプリオリ
052 : 2015/11/08 夏の日や零るる鯉素の水飛沫
051 : 2015/11/07 涼風や零るる鯉素の水飛沫
050 : 2015/11/06 炎昼やカチンコを撲つ喉仏
049 : 2015/11/05 白靴やカチンコを撲つ喉仏
048 : 2015/11/04 片蔭や妣の打ち遣る庭箒
047 : 2015/11/03 峰雲や妣の打ち遣る庭箒
046 : 2015/11/02 蚊遣火や尺素を重ぬ四畳半
045 : 2015/11/01 夏の灯や尺素を重ぬ四畳半

044 : 2015/10/31 白南風や錀の聞こゆる奥座敷
043 : 2015/10/30 梅雨明や錀の聞こゆる奥座敷
042 : 2015/10/29 短夜や緘する勿かれ硯箱
041 : 2015/10/28 結葉や往く吾娘の逐う影法師
040 : 2015/10/27 夏空や畦道を漕ぐ配達夫
039 : 2015/10/26 炎帝や砂塵湧き起つ全軍突撃
038 : 2015/10/25 炎帝や馬蹄轟く全軍突撃
037 : 2015/10/24 凍雲や鐘の音の歇む五等賞
036 : 2015/10/23 風花や鐘の振られぬ五等賞
035 : 2015/10/22 数へ日や猶も零るる五等賞
034 : 2015/10/21 日短や礑と零るる五等賞
033 : 2015/10/20 無花果や首相問責決議案
032 : 2015/10/19 露草や首相問責決議案
031 : 2015/10/18 残菊や首相問責決議案
030 : 2015/10/17 鴫焼や太平楽の太閤記
029 : 2015/10/16 秋天や天籟の啼く摩天楼
028 : 2015/10/15 爽籟や天籟の哭く摩天楼
027 : 2015/10/14 白帝や天籟の啼く摩天楼
026 : 2015/10/13 秋暁や満目と瞰ゆ摩天楼
025 : 2015/10/12 秋麗や虚と彳つ摩天楼
024 : 2015/10/11 爽涼や長庚を衝く摩天楼
023 : 2015/10/10 秋雲や跫音の過る摩天楼
022 : 2015/10/09 秋寒や跫音犇めく摩天楼
021 : 2015/10/08 金秋や耀ひ滾つ摩天楼
020 : 2015/10/07 打水や将に成り切る三國志
019 : 2015/10/06 夏芝や将に成り切る三國志
018 : 2015/10/05 青柿や将に成り切る三國志
017 : 2015/10/04 捩花や次長代理の三國志
016 : 2015/10/03 唖蝉や次長代理の三國志
015 : 2015/10/02 夏風邪や課長を択む三國志
014 : 2015/10/01 蚊遣火や課長を択む三國志

013 : 2015/09/30 冷酒や部下を宛てがふ三國志
012 : 2015/09/29 三伏や胸三寸の三國志
011 : 2015/09/28 凍解やチョコより猪口の呑み較べ
010 : 2015/09/27 糸遊やチョコより猪口の呑み較べ
009 : 2015/09/26 料峭やチョコより猪口の呑み較べ
008 : 2015/09/25 薫風や漫ろ歩きの植木算
007 : 2015/09/24 片蔭や漫ろ歩きの植木算
006 : 2015/09/23 夏帽や歩ひて測る並木道
005 : 2015/09/22 薫風や歩ひて測る並木道
004 : 2015/09/21 萬緑や夭々と坐す天守閣
003 : 2015/09/20 萬緑や凛と屹つ天守閣
002 : 2015/09/19 萬緑や悠然と佇つ天守閣
001 : 2015/09/18 萬緑や天を衝きたる天守閣

BLOG ranking

tsugikuru.jp

4件のコメント

  1. 1日1句と簡単に言いますが、こうやって366句を改めて読ませていただくと、圧倒されるものがありますね。しかも、どの句も秀句ばかりで・・・
    もう、スタートから違いを感じてしまいます。
    俳句界10月号でも特選及び佳作での掲載、誠におめでとうございます。
    私はとても追いつくことはできないと思いますが、少しでも伸びていけるよう、精進していきたいと思います。
    これからも、よろしくお願い申し上げますm(__)m

    1. piron さん

      過ぎたるお言葉、痛み入ります。句作を始めたばかりの頃は言葉遊びのような駄句も多く、決して披露できる域に達していなかったと思うのですが、それでも恥を掻き捨てる気持ちで「継続」を心掛けました。やはり初学のうちは、たくさん作って、たくさん敲して、たくさん楽しむことが大切なのかもしれませんね。

      多作も試みますが、それよりも推敲に費やす力が大きかったように感じます。配合句であれば、特に季語の斡旋を幾度も改めることは少なくありません。依然として、「二物衝撃」を実感できる域に至っていないのです。

      俳句界の最新号、未だ手元に届いていないので、帰ったら確かめてみます。これまで佳作ばかりでしたから、特選に採っていただくのは初めてですね。お知らせいただき、ありがとうございます。今夜は、早めに帰ります。

  2. 衒叟さん、こんばんは!
    私が初めて書き込みをしたのが、「梅雨明や錀の聞こゆる奥座敷」だったんではないかなと思います(違ったらゴメンナサイ~)。素敵だーと思っていたら、次の日に季語が変わって「”白南風”もいい~、いやむしろ”白南風”がいいー!」と、わずかな言葉の変化がもたらす絶大なイメージの違いに、大きなショックを受けたものです。
    日々研鑽を積まれる衒叟さんに少しでもついていきたくて、知らない言葉を検索したりして・・・調べる喜び(楽しみ)も衒叟さんから教わった気がしています、有難うございます!
    一覧を見ると、好きな句がほんとにたくさんあって、どの句にも思い出があるのですが、特別な思いを抱いているのが
    「かげろふや徒歩七分の父の家」
    です。これも二物衝撃の句と思いますが、この完成度を私も目指したいと思っています。

    最後になりましたが、「俳句界」特選および佳作掲載おめでとうございます!
    今後の衒叟さんのますますのご活躍を楽しみにしております!!!

    1. めぐるさん

      「炎帝や馬蹄轟く全軍突撃」の駄句に温かいお言葉をお寄せいただき、奥座敷句を評していただいたのは、2015年10月末でした。以来、いつも丁寧な激励を賜り、心より厚く御礼申し上げます。一日一句の試みを絶とうと思ったこともありましたが、めぐるさんから多くのお言葉をお書き添えいただいたからこそ、大いに援けられ 支えられ 救われ、ここまで続けられました。重ねて深謝いたします。

      いつも句作に苦しみ、一句あたり半時間から一時間も費やすのですが、かげろふ句は三秒で浮かびました。感興を作意で汚さず完成した句ゆえ、純たる二物衝撃に至ったのかもしれませんね。

      今月号の俳句界は、未だ届いていませんでした(笑) 拙句のうち いずれを特選に採っていただいたのか、予想しながら楽しみます。それにしても、下五に「ヤシャスィーン」を置く暴挙は、まさに若気の至りですね。僅か一年前とは云え、我ながら驚きます…

コメントはできません。