平成廿玖年皐月 卅壱句

平成廿玖年皐月 卅壱句


592 : 2017/05/01 太陽は死を怠らず花菫
593 : 2017/05/02 寝台に妻の凹しや花菫
594 : 2017/05/03 口笛の聞こえぬ街や花菫
595 : 2017/05/04 研かるる断頭台や火取虫
596 : 2017/05/05 南泉の斬らるる猫や風青し
597 : 2017/05/06 日曜は主人公なり平野水
598 : 2017/05/07 コンビニは国の縮図や夏ともし
599 : 2017/05/08 初恋のふたたびありぬ夏帽子
600 : 2017/05/09 天命は女人入眼や冷奴
601 : 2017/05/10 浴衣着て駅に新聞販売機
602 : 2017/05/11 割箸と紙皿を持て夏のみづ
603 : 2017/05/12 チャンネルを回されぬ子や夕端居
604 : 2017/05/13 連山に鉄塔植ゑて夏の天
605 : 2017/05/14 丹阿弥に伊勢水ありぬ夕焼雲
606 : 2017/05/15 電柱の広告褪せて日の盛
607 : 2017/05/16 夏の日の駅員なほも立ちにけり
608 : 2017/05/17 ビルヂングねぢれてをりぬ宵の夏
609 : 2017/05/18 ひとりだけビブス揃はぬ麦酒かな
610 : 2017/05/19 背を預く安楽椅子や夏の夜半
611 : 2017/05/20 ふるさとの空に道路や夏畑
612 : 2017/05/21 円かなるレーキの跡やみづを打つ
613 : 2017/05/22 木下闇従姉妹と百を数へけり
614 : 2017/05/23 星涼し凹まりてゐるカレーパン
615 : 2017/05/24 夏来る橋に町の名遺りけり
616 : 2017/05/25 択びをる妻の写真や夏ゆふべ
617 : 2017/05/26 珈琲の酸味を知らず今朝の夏
618 : 2017/05/27 露涼し村にしづもる変電所
619 : 2017/05/28 おほかみの顎曳き裂けり墜栗花雨
620 : 2017/05/29 蝉生れ死者のよろひのくづれけり
621 : 2017/05/30 太陽を呑むよひやみや蚊遣草
622 : 2017/05/31 ここのつの世の歿しけり烏蝶