一句鑑賞 / 小川めぐる「はつはる」「春来たる」

小川めぐる 氏(いつき組 :夏井いつき組長)の知命ならびに俳句ポストの 金曜選 を慶して、誠に僭越ながら「百年の旗手」に掲載された同氏連作の鑑賞を添えて、豊祝の辞と代えさせていただきます。ここに記して、心よりお欣び申し上げます。

小川めぐる 『はつはる』 / 「百年の旗手」 2017年01月号

小川めぐる 『はつはる』 / 「百年の旗手」 2017年02月号

小川めぐる 『春来たる』 / 「百年の旗手」 2017年03月号


『はつはる』 小川めぐる


にはとりを拝みて今年始まれり

今年は丁酉。酒壺の意である「酉」は、成熟の極みに達する果実。「拝む」所作に目を凝らしたことで、神に奉る御饌と豊穣の感謝が浮かぶ。「始めれり」は、始む(古語:他動詞・下二段)ではなく、現代語の活用だろうか。現代語が「今年」の瑞々しさを感じさせる。

なんだつて書ける白さよ初暦

「白さ」に焦点を当てて、季語の抱く期待を強く惹きたてる。その白さを「よ」で切る柔らかさは、仄かな瑞祥を掬いあげる作者の優しさ。「なんだつて」の口語に、無垢な希望と夢が現われる。

舟の形の雲もあり初御空

上中の句跨り。上五は「舟形の」と充てれば破調を整えられるが、敢えて「の」を繋げて、たゆたう雲のひとつひとつを写す。「舟形ではない」他の雲も連想させることで、季語と向き合う作者の姿を立たせる。

歌留多会極楽鳥花など活けて

ストレリチアのうち、レギネ種あるいはオーガスタ種だろうか。南国の暖かさを思わせる掲花は、窓辺の陽を好む。華やかながらも激しい歌留多会を控え、嘴に似た萼に光が注ぐ。云い切らない下五は、却って季語の行末に想像を掻き立てる。

スカーフにモアレの見ゆる淑気かな

干渉縞と淑気に通底する、漣のような詩情。掲句は「スカーフをモアレの見ゆる」「スカーフのモアレを見ゆる」ではない、モアレに焦点を当てたところに面白味をもつ。

勝ち馬の湯気たつ背中や初競馬

寒さに抗う湯気よりも、競争を終えた馬の背腰に目を凝らしている。胴の短い、寸の詰まった馬体だろうか。後肢の逞しさ、鯉背の美しさ、そして勝利の誇らしさ。焦点を絞ることで、馬を看る作者の眼差が浮かぶ。

初濯ごうんごうんと繰り返す

「もはや戦後ではない」と云われた神武景気は、三種の耐久消費財を「神器」と謳った。豊かさと憧れの象徴は生活必需品となったが、既に白物家電の多機能競争は終焉を迎えている。静音化されていない洗濯機、あるいはその容量を超える衣類。洗濯槽を回す音は、決して静かとは云えない。毎年のように売られる新型へ買い替えることなく、昨年と同じ洗濯機を使う新年。作者と過ごす家族は、昨年と変わらない愛に満ちている。

入念に髪整へて春着の子

正月の晴着を装う子は、親にとって他の日よりも特別なのだろう。明治三十五年に「数え歳」が廃されてなお、正月に歳をひとつ重ねる感は強い。子の成長を刻もうとする親の用意は、丁寧や懇切を超えて「入念」と云うべき緻密な愛である。

しばらくは蘿蔔の汁椀となる

素気ない上五が季語に似合う。調理法に富む清白は、春の七草に留まらず一年を通して料理や薬味に供される。瑞々しい一本を買い求めても、単身あるいは夫婦のみでは一度に使い切れない。旬を味わい尽くす工夫が、食卓に並べられる。「しばらくは蘿蔔の汁/椀となる」と切りたい。下五の「椀となる」に大根と作者の温かみが窺える。

小豆粥歯のなき夫となりにけり

穏かな慈しみに満ちた佳句。望粥は語らないが、歳を重ねた夫を想う心が季語に託される。下五「なりにけり」と云い切る強さに、永年に亘って連れ添う夫婦の確かさが現われている。邪気を払い健康を願う小豆の鮮やかな色が、夫婦の深い愛を染める。二人のハレの日は、ケの日と変わらぬ敬慕に溢れているのだろう。

『はつはる』 小川めぐる


この道の小鳩は逃げず冬うらら

神話において鳩の逸話は少なくない。ノアの箱舟、サタンの誘惑、アフロディーテの聖鳥、シュムプレーガデスの岩、アトラスの七人娘。平和の象徴も、軍神である八幡宮の眷族も、いずれも鳩である。その神使は、今では都市と社会を頼って生きている。人の営みから落とされる餌を待ち、道に暮らす。人の生活に寄り添って「平和」を演じるものばかりではなく、野生の本能を忘れずに抗うものもいるだろう。寒い街の暖かな陽射しは、鳩にも人にも等しく降り注ぐ。

春待つや「サボテンの花」唄ふひと

字数の限られる短詩型文学において、既知の曲名を折り込んで歌詞に心情を語らせるのは、博打に等しい。掲句は、季語にその成否を託している。些末な行き違いが愛を省みるなら、冷たい雪さえも自らを戒める。冬を了えるまでに恋に代わるものをみつけるのは、この歌を唄うひとだろうか、あるいはそれを聴くひとだろうか。

水仙の花言葉「慈愛」と思ふ

中下の大胆な句跨り。「慈愛てふ花言葉あり水仙花」などの定型に収められるところ、敢えて違和の強い破調を採る。水辺に俯くナルキッソスの自己陶酔と自己過信。自尊心や自負心は利己に陥りやすいが、利他へ転じれば他者も愛せるかもしれない。句を跨いでさえ「思ふ」の動詞を挿れる作意は、花言葉に現わされない水仙の一面を写す。短所を長所へ換える作者の慈しみ。

ニッセンのカタログ厚し春近し

オンラインサービスが日常の一部となって久しいが、未だに通信販売のカタログも手放せない。掲社は小売大手企業に買収されたものの、オムニチャネル化は奏功していない。ベルーナの主たる読者は50~60代、ニッセンは30~40代。中下の脚韻を踏まえると、上五の固有名詞は動かないだろう。あらゆることがインターネットで解決する時代だからこそ、厚いカタログを一頁ずつ捲る楽しさに新しい季節の訪れを感じる。

天鵞絨の如き馬の背春隣

馬の毛並を天鵞絨に喩えるのは常套であるが、季語によって生命の鼓動を与えられている。馬の背を愛撫する掌に、馬の温かさと春の暖かさ。

桃鉄の百年戦譜寒明くる

99年あるいは100年は、掲作のゲーム内期間のうち最長の年数。4名で遊ぶなら50時間程度を要する。「友情破壊ゲーム」の代表格である桃太郎電鉄を数日に亘って遊べる仲ならば、その4名は相当に親密なのだろう。プレイを了えて順位が決したのち、プレイヤーの主要な功績や損失が示される。100年を振り返る「戦譜」をスクロールするとき、ゲーム内の出来事は仲間の思い出のひとつとなる。掲句は動詞を含まないが、季語が友情の堅さを現わす。夏を迎える前にも、次の100年が始まるのだろう。

竜頭てふ懐かしきもの春浅し

竜頭は、蒲牢ではなく懐中時計のつまみ。機械時計が十六世紀に生まれ十七世紀に発条が発明されたが、十九世紀に至るまで竜頭は「装飾」に過ぎなかった。のちに装飾から「部品」と成るものの、まもなく自動巻から電池式を経て、再び「装飾」と成る。時計史において短命だからこそ、往時の追憶に輝く。中七は仔細を述べないが、季語が心情を雄弁に語っている。

金色の繻子のリボンよ愛の日よ

喚体句の脚韻によって、バレンタインデーに贈られる「箱の中」の期待が高まる。リボンに柔らかな焦点を当てることで、外装はもちろんプレゼントの行為そのものに大切に触れる気持ちを現わす。脚韻は、サテンの経糸あるいは緯糸も連想させる。金色は、掲句では濁らせずに「きんいろ」と読みたい。

植木鉢逆さに積まれ冴え返る

春を控え、植え替えのために鉢を洗う。苗が虫や菌に冒されないよう、連作障害に陥らないよう、丁寧に洗剤で擦り流す。熱湯を掛けたのち天日で乾かす。底を仰ぐ鉢は単なる器に過ぎないが、器が裏返されるとき、新たな生命が生まれる。鉢は、暖かな芽吹きのために寒さを蓄えているのだろうか。

春の家美築駅より徒歩二分

句意に則るなら「春の家美築/駅より徒歩二分」と切れるが、中下をひとつに読めば不動産仲介会社のボディコピーかもしれない。築浅で駅至近の物件。上五の「家」は中下と重複するが、なおさら「家」に春を覚えた作者の意が現われている。駅からは感じられない春が、150メートルほど離れたところに聢と在している。家屋と家庭と家族の温かさ。

『春来たる』 小川めぐる


砂場には貝殻雲母二月尽

暦では春を迎えたものの、未だ寒さの残る二月。その二月を終えて三月が訪れるとき、ようやく陽春を迎える。春を近くに感じる嬉しさと歓びがマイカのように輝く。上五は、大首絵の「きらずり」も連想させる。「には」は賛否あろうが、作者の実感。

春暁や水は光の珠になり

曙に光るなら理屈だが、暁に光るなら一片の詩情。日の出づる気配が満ちる薄暗い未明、ゆっくりと夜に滲む春の陽。光ならざるものは、水を映して光となりうる。「珠となり」ではなく、「珠になり」。作者の心情は、珠に映されている。

瘡蓋はひりひり紫花菜咲く

野菜にも油菜にも搾菜にも活かされる諸葛菜は、蜀漢の孔明がレーションとして流布させた。後漢は「三国鼎立」と呼ばれるものの、蜀漢の国力は曹魏の十分の一に満たず、瘡蓋のような小さな痛みに過ぎなかった。掲花は整えられた庭園ではなく、路傍に咲いていると読みたい。精悍な美しさを湛える季語は、人々の営みによって多くの花を咲かせる。

白詰草しゃむしゃむ馬の半眼

「白詰草しゃむしゃむ/馬の半眼」と切れるだろう。「しゃむしゃむ」に作者の温かな眼差しを感じる。四葉のクローバーも含まれるのだろうか。

雲雀東風あの芦毛クロフネと云ふ

句型に則れば「クロフネてふ芦毛の馬や」と充てられるが、敢えて言い切らない。芦毛ながら「黒」を冠する競走馬を据え、その気高さと気付きのみを現わす。説明を避けて「あの芦毛」「と云ふ」と自らを遠くに置く、敬慕と慈愛。季語は、大洋を超えた東の大国を連想させるか。ダートの最強馬に、荒ぶる強さのなかの晴れやかな明るさを感じる。

春来たる鳶大きな輪を描けば

冬鳥である鳶の滑空に春を感じる。下五は、連用形ではなく已然形。因果が窺えるが、倒置が効いている。

初百合の下に妖精来る気配

一読すると「の下に」「気配」が説明的に感じられるが、貝母ゆえに景が引き立つ。別名の天蓋百合は編笠を現わすが、掲句ではキャノピーを連想したい。ガーリーなベッドならエルフやリリスが訪れても不思議ではない。しかし妖精は気まぐれで、訪れないかもしれない。「の下に」「気配」の冗長が移ろい易さに似合う。

犇めける春のルージュの中にゐる

掲句のルージュは、口紅でもなく弁柄でもなく、仏語の色名だろう。散文のような下五が、却って読み手の想像を拡げる。上五によって、丹朱緋紅の濃さと深みを増す。作者は何を視ているのだろうか、何処に居るのだろうか。

山焼の夜や錆猫の集う庭

たとえば、山焼や錆猫集ふ庭の夜、では成り立たない。「山焼の夜や/錆猫の集う庭」と大胆に切ることで、山焼の「夜」に感嘆を現わす。野山の夜の昏さ、静けさ、臭い。村里の人々ではなく、猫の営みを惹き立てて、山火の名残を感じさせる。「焼」と「錆」は近いが、実景に迫る。

髪をピンクにしたき春である

口誦に富む下五は、作者の師の代表句『野茨や寓話のような月である』を思い起す。上中は句に馴染みにくい俗だが、「春」と云う大きな季題を強く言い切ることで、詩へ昇華しようと試みている。ピンクと春は近く、併せて「ピンク」の印象も相当に強いが、この季題ゆえに受け止めているか。読み手の解釈を揺さぶる一句。

4件のコメント

  1. 衒叟さん、ううう、有難さに涙が出てしまいます(T△T)
    私の拙い句が、衒叟さんの鑑賞によって彩りと手触りを鮮やかにし、
    自分の句なのにとても新鮮に感じられるというマジックを堪能させて頂きました。
    特に「ルージュ」の解釈が鮮やかで・・・蜷川実花の映像の中に放り込まれたような、
    めくるめく幻惑の世界を感じました。
    新しい命を吹き込んで頂き、本当に有難うございます!!
    衒叟さんがクロフネを知っておられたのが嬉しい驚きでした、
    もしかして調べて下さったのだとしたら、それもまた感激です!!
    ちょっとこのページ、コピーして親に送る(^^;;;

    本当に本当に有難うございます!!!

    1. めぐるさん

      現職の上司はクラブ馬主、前職の上司は馬好きが昂じてスタリオンステーションの近くにペンションを開きました。クロフネも、社台の種牡馬ですよね。私はそれほど競走馬に詳しいわけではないのですが、これらの上司から薫陶を受けるうちに耳学問を得たのかもしれません。

      サイレンススズカ、ミホノブルボン、セイウンスカイなどに憧れますが、ツインターボやメジロパーマーにも惹かれます。こういうところに自身の気質や性格が現われるのかもしれませんね。

  2. 衒叟さん、こんにちは!
    馬好きの上司の方に宜しくお伝え下さい(^^)
    私も一口馬主として、クロフネ産駒に出資したこともあります・・・
    残念ながらデビュー後骨折してしまいましたが(T△T)
    衒叟さんの好きな馬、逃げ馬が多いですね!
    セイウンスカイは、子供と一緒に観に行った菊花賞で、一番美しいと思った馬です。
    ものすごく速くて、子供が半年くらいずーーっと「あの白いおんまちゃん凄かったねえ!!!」って言い続けていました。
    そのセイウンスカイが、屈腱炎からの復帰後、生涯最速のペースで逃げて、結果16秒もの大差でボロ負けした春の天皇賞も観ていました。ゴール後湧き起こった温かい拍手が忘れられません。サイレンススズカの秋天は・・・何が起こったのか脳が受け入れなかったようで、ゴールの実況に「ん?今2着馬のこと言ってる?」とポカンとしたくらいです。
    競馬でも、こんなふうに記憶がぶっとぶことがあるんですね(^^;;;
    ああ、ずいぶん横道に逸れた話をしてしまってすみません(><)
    馬の句は、これからも挑戦したいと思っています。
    また是非、忌憚のないご意見を頂ければ幸いです!!!

    1. 馬の句、いいですね。お好きなものを句材に扱えば、想いや慈しみも深くなるでしょうから、きっと佳い景を描けると思いますよ。

      サイレンススズカの秋天もご覧になっておられるとは、まさに歴史の動いた瞬間に立ち会われたんですね。「伝説」の証人でいらっしゃるので、ぜひ これからも大好きな馬の句をおつくりいただき、たくさんの名場面をお教えください。

      セイウンスカイ、美しいですよねえ。

コメントはできません。