滄溟に眇たる浪や雲の峰

318 滄溟に眇たる浪や雲の峰

そうめいに びょうたるなみや くものみね

小川軽舟先生 監修 「はじめての俳句」 通信講座
第05回 : 型その二の基本形 二句

〔作品の背景〕 晴れ渡る夏空が気持ちよく、海辺へ出掛けました。真蒼な海原が果てしなく拡がり、水面は遥か遠くまで波打っていました。壮大な白雲が湧き上がり、瑞々しい開放感に満たされました。

〔講師〕 山下桐子 先生

BLOG ranking

tsugikuru.jp