「栄早朝会議 vol.079」 に参加しました。

sakae

2016年11月16日(水)に催された 「栄早朝会議 vol.079」 に参加しました。

2016年11月16日 栄早朝会議 vol.079 / blog.livedoor.jp


■ 栄早朝会議 vol.079

【漂流本】
・晋遊舎「ドナルド・トランプ演説集」
・司馬遼太郎「最後の将軍」
・磯田道史「無私の日本人」
・三谷幸喜「清洲会議」
・池井戸潤「下町ロケット」
・松井忠三「無印良品は、仕組みが九割」
・林修「いつやるか?今でしょ!」
・小宮謙一「32歳までに必ずやっておくべきこと」
・坂爪真吾「はじめての不倫学」
・土屋書店「俳句・川柳・短歌の教科書」

【再漂流本】
・レイブラッドベリ「火星年代記」
・人橋理「みんなみんなありがとう みんなみんなしあわせに」

【漂着本】
・高田郁「銀二貫」
・三津田信三「厭魅の如き憑くもの」
・キャロル オコンネル「二つの影」
・阿部大輔「バルセロナ旧市街の再生戦略」


濃口泗寸 4sun.jp

2件のコメント

  1. 衒叟さん、こんばんは!
    きゃー「銀二貫」!!!
    ドラマで観てました~~~、んもう、涙涙でした・・・。
    でも実は、「カラマーゾフの兄弟」に出ていた林遣都目当てだったので、
    作者が高田郁さんだったとは知らなかったです(^^;
    「みをつくし料理帖」持ってるのに~~~(^^;;;;
    そういえば寒天屋さんの話だったーーー。
    私も今度古本屋で見かけたら原作本読んでみます。
    思い出させて頂き、有難うございます!!!

    1. めぐるさん

      「銀二貫」、映像化されていたんですね。大阪ゆかりの作品ですから、めぐるさんにとっては一入の思い入れをお持ちかもしれませんね。林遣都氏は詳しくありませんが、今夏上映された「僕だけがいない街」に少しだけ出演していた俳優でしょうか。「僕だけ」は、原作と映画版の結末が異なるため、映画館へ足を運びました。香川照之や藤原竜也のような怪優が好きで、どのような端役であっても出演している作品は欠かさず観るようにしています。

      「みをつくし料理帖」、おもしろいですよね。時代小説を頻繁に読むので いつも本屋で新刊を確かめるのですが、「みをつくし」は未だに棚下平積や面陳が多く、人気が窺えます。「銀二貫」の原作もおもしろいので、ぜひご一読ください。

コメントはできません。