001|viridis

学校の生徒会は、書記と会計という役割を設けている。書記も会計も、選挙で択ばれる。生徒の多くは、わけもわからず、外見や印象で投票する。そもそも、書記や会計がなにをおこなうのか解らないから、立候補しているひとが適うのか判らな...

001|rufus

まわりに居るのはじぶんよりもオトナ、と感じている。オトナだから、あんなにも割り切れるのだ、あんなにも聞き流せるのだ、あんなにも忙しそうなのだ、あんなにも遊ばないのだ、あんなにも疲れているのだ、と捉えている。気がついてみれ...

001|flavus

常識を疑う姿勢をもつひとは、非常識な行動ばかり執っている、と誤解される。 非常識な行動は、社会の抵抗が大きく、あまり利を得られない。むしろ損を被むる。どうしてそんなことをおこなうのか、と訊かれたとき、相手を納得させられる...

001|caeruleus

いつも、明日はなにをしようか、来月はなにをしようか、来年はなにをしようか、と考えている。明日したいことを思いついたら、今日のうちに備えておくことが判る。 若いころは、したいことよりも、しなければならないことのほうが多かっ...