小川軽舟 | 第10回 田中裕明賞

2019年 第10回 田中裕明賞

選考委員の言葉


田中裕明賞が十年の節目を迎えた。田中裕明賞の十年は、平成の最後の十年に当たる。長く大きく波打った昭和の圧倒的な存在感の前で、平成という時代も、そして平成の俳句も、なかなかその姿が見えなかったと思う。ようやく平成俳句の胎動が感じられるようになったのは、田中裕明賞の受賞作、応募作によってではなかったかと私は思っている。

第一回の選考時、私はまだ四十代だった。この賞の受賞資格者のほんの少し先輩といった位置にいたのである。ところが次第に、田中裕明賞世代と私の間に時代の懸隔があることに気づかされた。平成の間に日本と日本人は変貌したのだ。そのような時代背景を背負って応募された句集は、受賞の有無にかかわらず、内容においても、表現方法においても、俳句の新しい風景を私に見せてくれた。

今回が受賞作なしとなったことは残念だ。俳句の未踏の領域を切り拓くという点で過去の受賞作の水準に一歩及ばなかったが、それぞれに魅力的な個性が発揮されて、これからの成長が楽しみな若手たちに出会えた。

一位に推した池田瑠那の『金輪際』は、世界に対する真っ直ぐな探究心が凜々しい。「君逝きし世界に五月来たりけり」「葉桜や鋲に閉ぢたる検死創」、交通事故で夫を喪ってなお濁ることのないその眼差しには神々しささえ感じた。二位に推した日下野由季の『馥郁』はやわらかな情感が魅力的だ。「寒禽の思ひ切るときかがやけり」「今日の月思ふところに上がりけり」のような主情性の強さを更に発揮してもらえたらと思う。三位としたのは岡田一実の『記憶における沼とその他の在処』。「夜を船のよぎる音聞く桜かな」「蠛蠓の芯を残さず失せにけり」、切字の古格を生かしつつ、俳句の言葉を通して見えないものまで見せようとする意欲を感じた。