小川軽舟 | 来年は

鷹 645号 2018年05月

来年は | 主宰の今月の12句


バス停はみな道ばたや雪間草

旅終へて近所なつかしなづな咲く

卒業や一人称に俺と僕

来年は成人式か雛納む

特急のあとに鈍行土筆摘む

亀甲を緊めて土筆の青つむり

人形の関節うごく家朧

コンソメの冷製に匙芽吹き時

利休忌の銭湯の番台に花

入洛の夕空高し桜散る

飯炊けし匂ひ板場に春の宵

濤の音空を行き交ふ朧かな