小川軽舟 | 男の胸

鷹 658号 2019年06月

男の胸 | 主宰の今月の12句


遊学といへば船旅春の星

西行忌自分の家で飯を食ふ

燕来る男の胸のさびしさに

春の家線路に近く駅遠し

エスカレーター手摺も進みあたたかし

船ゆきし澪になづさふ石蓴かな

空吸へば胸澄みにけり山桜

囁きに殺す母音や夕桜

桜咲く叫ぶことなき日常に

晩春やわが鞄置く妻の膝

春の暮自分の爪を切りにけり

通帳の退職金と春惜しむ