小川軽舟 | 風塵

鷹 659号 2019年07月

風塵 | 主宰の今月の12句


青麦や大聖堂は遠く燃ゆ

書割の裏の木の香や夏近し

桜の実下校のチャイム町にひびく

駅弁は窓に買ひたし山若葉

筍のうつふんと掘りあげられし

手足浮く山椒魚の歩みかな

菖蒲湯を水から沸かす山家なり

母の日や市電の軋みなつかしく

母の日の仏壇に手を合すのみ

命日がダービーでよろこんでるか

ダービーの風塵と去る馬群かな

カレンダー大きく破り薔薇の朝