毎日俳壇 | 2018.10.22

◯ 弔電のひろき余白や秋灯

四日市市 伊藤ゲンソウ